終活支援データサービス まもーれe

Lite版お申込み

終活支援データサービス「まもーれe 」の提供を開始

終活支援データサービス「まもーれe」の提供を開始

まさか!の時に備えた、デジタル情報を引き継ぐために

ソリューション・プロバイダーである(株)MONET(本社:千葉市稲毛区 代表取締役:前野泰章)は、終活支援データサービス「まもーれe Lite」をリリースしました。

「残す情報」と「残さない情報」の選択は有事に向けた重要な備えです。本人の意志を身内に伝えるという点で、エンディングノートは大きな意義がありますが、変更・追加が多いデジタル情報には最適とは言えません。デジタル形式のエンディングノートが一つの解決手段です。

選択された情報継承と備忘録を具現化するツールが「まもーれe」です。「生きている間は自分の資産を自由に使えるようにしておきたい。但し、有事後にその資産を行方不明にはせず、身内に残したい。」と考える人に有益なツールです。

資産把握は相続時に直面する最初の課題です。資産情報を含めた重要情報は、大切な人に引き継ぐためだけではなく、本人の備忘録としても重要です。また、有事後に発掘されては困るような情報の対策も講じておく必要があります。まもーれeは、本人以外の身内に必要のない情報を、「閲覧させない」/「消去される」、という対応ができます。無駄に波風を立てないことは大事な思い遣りです。

ネット取引の増加に伴い、預金通帳のような物証が減少しています。それ故に、資産の引き継ぎが難しくなっています。ネットバンキングはもとより、相続対象となる、証券取引、FX取引や暗号通貨(仮想通貨)も同様に情報継承手段を講じておく必要があります。

SNSを代表とするサービスでは、複雑なパスワードが益々要求されています。本人の記憶だけに頼ることは困難です。本人向けの備忘録として利用サービス管理の一覧を用意している方は多くいます。データファイルであれば、この様な備忘録データを、まもーれeはそのまま安全に保管できます。
セキュリティの観点から、ハッキング等で重要情報や秘密情報が流出しないように、オフラインによるローカルでの保管としています。データ自体は暗号化されます。

まもーれe Liteは一般の人たちが利用するためのツールです。相続法の改正に伴い、相続は複雑になってきています。一般の人たちが相続のスペシャリスト(弁護士、司法書士、税理士等の専門家)に頼らずに相続手続きを完結することは困難です。まもーれeは資産情報などの重要データをスペシャリストと共有する機能を有しています。将来のために、スペシャリストとの顧問契約を結んでおくことで、有事の際に身内が闇雲にスペシャリストを探し出す必要はなくなります。そのためにもまもーれeを役立ててください。
※スペシャリスト向けの、共有データ閲覧用ツール、まもーれe Proは2020年春にリリース予定。

このような方のために開発しました

まもーれe Lite(マモーレ・ライト)の特徴

  • 3つの目的別ディレクトリ(データ領域)に分類してデータを保管
    ・重要データ(有事後に関係者に開示するデータ)
    ・開示データ(生前から関係者に開示しておくべきデータ)
    ・秘密データ(ユーザー以外は閲覧できない/消去されるデータ)
  • 自由なファルアクセス権の設定
    ・関係者ごとにアクセスできる領域(サブディレクトリ、ファイル)の設定可能
    ・開示対象者別にアクセス ID/PW を設定可能
  • 自由にサブディレクトリ作成可能
  • ファイル形式を問わないデータ保管
  • ドラッグ&ドロップでデータファイルを保管
  • スペシャリスト(相続の専門家)とのデータ共有(重要データ/開示データ)
    ※秘密データは共有対象外

対応環境

対応OS: Windows 10

標準価格

無償提供

市場調査版からの大きな変更点

MONET(モネット)社について

(株)MONET は、セキュリティおよびネットワークのソリューション・プロバイダーとして 2002年12月に設立されました。海外の優秀なベンダーとのパートナーシップを中心に、セキュリティ関連のソフトウェア販売に従事。IT セキュリティから人生のセキュリティに注力して活動します。

お問合せ先

株式会社MONET
ソリューション事業部 まもーれe 運用チーム
お問合せフォーム

※本文中の製品名は、商標登録済みです。